会社でのスメハラ問題

私は派遣社員として事務作業をしているんですが、周りの男性達は営業マンなので外回りをすることが多く暑い夏の日なんかは汗だくで会社に戻ってきます。
20代や30代の男性社員達はまだ若いということもあり周りの女性社員達の事を気遣ってくれて、汗ふきシートなどできちんとケアしてくれているのですが、40代以降のおじさん社員達はとても汗の臭いに無頓着でタオルやハンカチで拭くこともなくそのまま汗を放置しています。
もちろん暑い夏に一生懸命外回りをしていることはとても素晴らしいのですが、一応会社というのは集団行動の場であり、来客もあるため、もう少し臭いに気を使ってほしいんです。
最近はスメハラという言葉が流行っているようですが、うちの会社はまさしくこのスメハラの被害にあっています。
しかも汗の臭いだけではなく加齢臭もプラスされることで強烈な臭いを放っている人もいて、面と向かって会話するのが苦痛に思える程なんです。
このスメハラ被害に関しては立派な社会問題の一つで、会社によっては「職場環境改善管理義務」という制度まで取り入れている大きな問題です。
個人的に相手に臭いのことを伝えるというのは、お互いの関係を壊したり不愉快な気持ちになることがありますが、会社として職場環境の取り組みをおこなうことでスメハラの被害が減るのはとても良いことだと私は思います。